ブログ

輸送不良率0.02%!タオバオ商品をガードする梱包方法

梱包8

タオバオ商品が到着した後、もっとも重要な事は「日本へ発送する際の梱包方法」です。残念ながら現在でも中国の物流会社では商品を「投げる・足で押す」等の行為が日常的に行われており、デリケートな商品をいい加減に梱包してしまえば日本へ到着した時にはボロボロ…という事もよくあります。今回は当代行が実際にお客様に対して行っている梱包方法をご紹介します。この方法でも税関で開封された後に雑に扱われてしまい、破損状態で届く事も稀にありますが、輸送時の破損の可能性を限りなく低く抑える事はできます。

使用品

  • Wフルートのダンボール
  • エアパッキン
  • コンプレッサー
  • 梱包テープ

梱包方法

1.ダンボール

タオバオ代行のワンダートレードでは、必ず「K5のWフルート」のダンボールを使用します。フルートとはダンボールの波の部分の事で、波の高さによって強度が変わります。

  • Aフルート(5mmダンボール):段が高い為、垂直方向の加圧に強い特徴があります。
  • Bフルート(3mmダンボール):段が低いので平面的な加圧に強い特徴があります。
  • Wフルート(8mmダンボール):AフルートとBフルートを貼り合わせたダンボールです。AとBの良い所を合わせている為、どの方向からの加圧にも強いです。

ダンボール1

材質は一般的にC5かK5となります。

  • C5ライナー:重さ160~180gで一般的な国内配送向けのダンボールです。
  • K5ライナー:重さ180gでCライナーよりも強度がある為、輸出用に使用される事も多いです。

当代行が使用しているダンボールの写真です。

ダンボール2

 

2.エアパッキン準備

タオバオ代行のワンダートレードでは、プチプチシートと呼ばれているエアパッキンは使用しません。中国の取扱いレベルではほぼ意味が無いからです。その為、当代行では以下のような最高強度のエアパッキンを使用しています。

・エアパッキンに空気を注入する為、コンプレッサーを用意します。

梱包1

・もともとは空気の入っていないエアパッキンに空気を注入していきます。

梱包2梱包3

 

梱包

ここまでで準備が完了したため、梱包を行っていきます。なるべく国際送料を抑える為、その時の箱への収まり具合によって、エアパッキンを外側に巻くか内側に敷くか判断します。

梱包5

いかがでしたでしょうか?タオバオ代行のワンダートレードは、「梱包不足による輸送破損0%」を維持すべく、努力してまいります。

関連記事

社会貢献活動

社会貢献活動

~『家-JIA-』はハンセン病快復村でのワークキャンプを通して、社会貢献する若者を育成しています~

ワンダートレードは、民間非営利団体『家-JIA-』を応援しています。

営業日(9:00~21:00)

タオバオマニュアル最新記事

ページ上部へ戻る