ブログ

5分で半額!?EMSとの国際送料交渉

EMS

皆さんこんにちは。タオバオ代行ワンダートレードの小林です。

ここでは、中国でのEMSとの国際送料の交渉について書きます。

先に結論を言ってしまうと「中国では、5分でEMSの国際送料を定価の半額にする事が可能」です。

また会社ではなく個人事業主や個人でも定価の35%オフまではすぐに下がります。EMS国際送料定価の半額は特別でもなんでもなく、中国で事業を行っている者から見たら「普通」です。

これはどういう事でしょうか?実はEMS内部で「法人・特別なお客様であれば50%オフまでは各営業担当の裁量で即決しても良い」と決まっているからです。

つまり、上司の判断を仰がなくても契約を取る為に末端の営業部員でも50%オフまではすぐに顧客に対して提示できるのです。

実際、当代行設立前にEMSと契約をする際、私も相当意気込んで価格交渉に臨みましたが、わずか5分で50%オフになりました。(あまりの早さに逆に私が混乱してしまった記憶があります…。)

 

しかし、50%オフまでは簡単に下がるものの、それ以上が非常に難しいのです…。なんとか65%オフを目指してタオバオ代行業界で最安値を目指していたのですが、どうしてもOKが出ませんでした。

恐らく、タオバオ業者でも一番多い「定価の50%オフ」。その理由はここにあると思います。

であれば、「法人でなくとも、定期的に大口の荷物を発送していれば、タオバオ業者を使う必要もない。」という事です。

日本語ができて信頼できる中国人の友達を現地やネットで見つけEMSと契約してもらい、検査だけしっかりできる仕組みを作っておきさえすれば良いわけです。(信頼できる中国人を見つける事が難しいというのは確かにありますが。)

地域や営業所、営業担当によって違うとは思いますが、恐らく個人の場合、最低ラインで月に5000~10000元程度輸送費で使えば35%は割引可能かと思われます。

タオバオ代行のワンダートレードも今後更に物量を増やしていき、EMSに対しても更なる値引きを狙っていきます。

関連記事

社会貢献活動

社会貢献活動

~『家-JIA-』はハンセン病快復村でのワークキャンプを通して、社会貢献する若者を育成しています~

ワンダートレードは、民間非営利団体『家-JIA-』を応援しています。

営業日(9:00~21:00)

タオバオマニュアル最新記事

ページ上部へ戻る