ブログ

オリジナル商品のOEM/ODM生産メーカーを探す4つの方法

sarch-oem

タオバオ代行ワンダートレードの小林です。本日から、当代行が持っている、オリジナル商品のOEM/ODM生産に必要なノウハウを公開していきます。

今回は、オリジナル商品のOEM/ODM生産を行うに当たり、「どのようにメーカー(工場)を探すのか」について説明していきます。とても地道な作業と行動の繰り返しになりますが、ここがしっかりできていなければ「安く・高品質で・短納期」で生産できるメーカーに辿り着く事ができません。それでは、タオバオ代行ワンダートレードが実践している、工場の探し方を優先順位順に解説していきます。

 

既に取引のあるメーカーに確認

既に取引があるメーカーであれば、ある程度の実情はこちらもわかっています。その為、既存取引先に「このような商品を生産できないか?」と確認する事が最優先事項となります。「できないと思っていたのに、他社向けで似たような商品を生産していた」というような事が意外とあるものです。既存取引先の全生産品を把握していないのであれば、まずは既存取引先に、お客様から依頼を受けたオリジナル商品のOEM/ODM生産が可能かを確認してみましょう。

 

既に取引のあるメーカーに紹介してもらう

中国では、他の国以上に人脈が非常に重要な為、中国メーカーの社長・幹部は様々な人脈を持っています。既存取引先には関係の無い分野のオリジナル商品でも「このような商品なら、知り合いの会社で生産しているから紹介してあげるよ」等の会話はよくあります。

 

信頼できる人に紹介してもらう

既存取引先に聞いても、お客様から依頼を受けたオリジナル商品のOEM/ODM生産メーカーが見つからない場合、自分の知人にも確認します。やはり、信頼できる人からの情報が優先となります。

 

1688.com(アリババ)等のネット上で探す

どうしてもお客様から依頼を受けたオリジナル商品のOEM/ODM生産メーカーが見つからない場合、1688.com(アリババ)等のネットから生産可能なメーカーを探します。工場の規模・所在地・日系企業との取引の有無等、細かく確認していきます。(1688.comでの工場評価確認方法は、1688.com(アリババ)で会社評価を確認する方法をご覧下さい。)

 

はじめの一歩の工場を探すだけでも大きな労力ですが、無数にある中国の工場の中からしっかりとした工場を探す為には必須の流れとなります。人脈・ネットを駆使してベストの工場を探し出しましょう!

関連記事

社会貢献活動

社会貢献活動

~『家-JIA-』はハンセン病快復村でのワークキャンプを通して、社会貢献する若者を育成しています~

ワンダートレードは、民間非営利団体『家-JIA-』を応援しています。

営業日(9:00~21:00)

タオバオマニュアル最新記事

ページ上部へ戻る