ブログ

中国オリジナル商品生産(OEM/ODM)とは?

whats-oem

タオバオ代行ワンダートレードの小林です。

「OEM/ODM生産」。輸入に関わった事のある方なら一度は耳にした事がある言葉だと思います。ですが、「OEM/ODMの定義は?」と疑問に思った方も大勢いらっしゃると思います。ここでは、OEM/ODMの定義について詳しく解説していきます。

 

OEMとは?

OEMとは、Original Equipment Manufacturingの略語です。委託者のブランドで製品を生産すること、または生産するメーカーのことです。例えば当代行がお客様からオリジナル商品の生産依頼を受け、設計図や図面を頂き、お客様のブランドとして、製品を生産すること、または生産するメーカーの事を指します。

 

メリット

中国でのOEM生産のメリットとしては、以下が挙げられます。

  • 既に同種の製品を生産している工場に生産を委託する為、生産工場への設備投資が不要または最小限に抑えられる。
  • 既に違う工場で生産している場合でも、生産拠点を分ける事により、生産能力不足のカバー・リスク分散・物流の効率化等のメリットがある。
  • 中国では、まだまだ日本に比べて安い人件費で生産できる為、コストメリットを最大化できる。
  • 日々の工場管理を行う必要が無い為、開発・営業に専念できる。

 

デメリット

何事もそうですが、メリットがある事の裏には必ずデメリットも存在します。中国でのOEM生産のデメリットとしては、以下が挙げられます。

  • 委託工場の利益も必要な為、当然、自分で工場を立ち上げて生産を行うよりは製品1個あたりの単価は高くなる。
  • 委託者は工場管理のノウハウ等を吸収できない。
  • 中国の場合、メーカーが勝手にデザインや機能を模倣してしまう可能性もある。(その為に契約書は必須)
  • 設計は委託者側で行う為、開発・設計の知識が必要

 

ODMとは?

ODMとは、Original Design Manufacturingの略語で、委託者のブランドで製品を設計・生産することをいいます。例えば、お客様が「こんな商品をこんな機能をつけて生産したい」というアイデアを形にし、量産を可能にするのがODMです。

 

メリット

中国でのODM生産のメリットとしては、以下が挙げられます。

  • 既に同種の製品を生産している工場に生産を委託する為、生産工場への設備投資が不要または最小限に抑えられる。
  • 既に違う工場で生産している場合でも、生産拠点を分ける事により、生産能力不足のカバー・リスク分散・物流の効率化等のメリットがある。
  • 中国では、まだまだ日本に比べて安い人件費で生産できる為、コストメリットを最大化できる。
  • 設計から開発まで全てをアウトソーシングする為、販売・営業に専念できる。

 

デメリット

中国でのODM生産のデメリットとしては、以下が挙げられます。

  • 委託工場の利益も必要な為、当然、自分で工場を立ち上げて生産を行うよりは製品1個あたりの単価は高くなる。
  • 委託者は設計・開発・工場管理のノウハウを吸収できない。
  • 中国の場合、メーカーが勝手にデザインや機能を模倣してしまう可能性もある。(その為に契約書は必須)

 

上記のようにデメリットもありますが、デメリットを補って余りあるコストメリットが中国にはあります。その為、日本でも各企業ともに中国を拠点として生産しています。現在では「チャイナプラスワン」が叫ばれ、中国以外の東南アジア諸国へ生産を移行する動きは見られるものの、中国から完全撤退という企業は少数派です。これは、中国が世界の工場と言われ「材料や部品が、なんでも自国で揃う」事が大きいと考えています。

 

この記事はタオバオでのショッピングをお楽しみ頂いている皆さまのお役に立てましたでしょうか?常に最新のタオバオ情報をお届けできるよう努力いたします。タオバオ代行ワンダートレードウェブサイトのブックマークをお願いします!

関連記事

社会貢献活動

社会貢献活動

~『家-JIA-』はハンセン病快復村でのワークキャンプを通して、社会貢献する若者を育成しています~

ワンダートレードは、民間非営利団体『家-JIA-』を応援しています。

営業日(9:00~21:00)

タオバオマニュアル最新記事

ページ上部へ戻る