ブログ

タオバオ代行業者の選び方4つのコツ

choice

今回は失敗しないタオバオ代行業者の選び方について説明します。

タオバオ代行業者を利用して、日本で中国商品を販売する場合、選ぶタオバオ代行業者によって、あなたの販売が成功するか否かを左右すると言っても過言ではありません。

数多く存在するタオバオ代行業者の中から、何を重視して選ぶべきなのかを解説していきます。

 

STEP1.法人か否か

タオバオ代行業者が法人か否かを重視する方は多いようです。

やはり個人事業主よりも法人の方が信用できると思うのは当然の事かと思います。

ただし、私は一概に「法人が全て良いとは言えない」のがタオバオ代行業界だと思っています。

理由として、以下が挙げられます。

  • 現在、株式会社は資本金が1円からでも設立が可能な為、株式会社=信用があるとは限らない。
  • 法人で運営するという事は、それなりに従業員を抱えており、間接費や管理費・利益を個人事業よりも多くとらなければ運営が難しい

もちろん、「資本金も多く大規模で」「料金も安く」「サービス内容も良い」タオバオ代行業者であればベストだと思いますが、タオバオ業界自体がそれほど大きな産業とはいえない業界である為、中々このような条件のタオバオ代行業者は無いと思います。

よって、法人か否かはそれほど重要ではないと考えています。

運営元情報も記載していないようなタオバオ代行業者はそれ以前の問題の為、候補から外すべきと思います。

 

STEP2.日本に拠点があるか

タオバオ代行業者は、タオバオ商品を日本に発送する為、実業務はほぼ中国で行うこととなります。

ただ、中国だけにしか拠点が無い場合、顧客は何かトラブルがあった際に中国まで行かなければなりません。

その為、やはり日本にも事務所を構えているタオバオ代行業者の方が安心と言えます。

 

STEP3.問い合わせへのレスポンスはどうか

問い合わせへのレスポンスは非常に重要です。

返信が遅いタオバオ代行業者は納期に対してもルーズな場合が多々あり、商品到着までに1ヶ月間もかかったというような対応のタオバオ代行業者もあるようです。

また、問い合わせ内容によってもレスポンスは変わってくると思います。

本当の顧客対応力を量る為には、以下のような問い合わせをする事で、どの程度顧客目線で対応を行っているのか知る事ができます。

  1. この商品の材質は?加工方法は?
  2. 決済画面を送付してもらえませんか?

1.は、若干複雑で、調査が必要になるような質問です。

顧客対応力の高いタオバオ代行業者であれば、しっかりと調査の後、回答してくると思いますが、そうではない場合、返信が無かったり、返信があっても遅いというような事になるでしょう。

単純な質問の場合は、タオバオ代行業者もすぐに答えられる為、ある程度複雑な質問をしてみる、という所がポイントとなります。

 

また、2.はタオバオ代行業者が突っ込まれたくない質問をする、というものです。

もちろん、料金形態は各タオバオ代行業者によって違いますし、情報を公開できない部分というものもあると思います。

但し、いずれの場合でも、このような質問を受けた時に、顧客に対してどのような対応をするのかによって、対応力を判断する事はできると思います。

 

STEP4.見積り比較

ホームページにどんなに魅力的な内容が記載されていても、見積りを取得するまでは実際いくらなのかを知る事はできません。

そこで、気になるタオバオ代行業者全てに対して、同一内容で見積り依頼をする事をお薦めします。

コスト削減の最も基本的な戦術「相見積り」ですね。

見積りはあくまで見積りですので、見積りを取得したからと言ってそのタオバオ代行業者から必ず購入しなければならない、などという義務は顧客には当然ありません。

つまり「見積りを取得するだけならタダ」なのですから、これを利用しない手はありません。

複数社のタオバオ代行業者の見積りを取得した後に、値段やレスポンス、サービス内容、会社の基本情報などを相対的に見れば、自分にあったタオバオ代行業者を選定できると思います。

 

全ての顧客のニーズに対応できるタオバオ代行業者は存在しないと思いますので、上記の選定方法を用いて自分のニーズに合うタオバオ代行業者を見つける事が重要です。 

関連記事

社会貢献活動

社会貢献活動

~『家-JIA-』はハンセン病快復村でのワークキャンプを通して、社会貢献する若者を育成しています~

ワンダートレードは、民間非営利団体『家-JIA-』を応援しています。

営業日(9:00~21:00)

タオバオマニュアル最新記事

ページ上部へ戻る